708@いつも心は五月晴れ!!

一級建築士「708」34歳が何気ない日々を楽しく過ごすには・・

  708@いつも心は五月晴れ!!のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 建築士会での活動 > 建築士について・・  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築士について・・

2005 - 04/05 [Tue] - 00:00

2005年4月5日(火)
今日は特に何もありませんでした。
普通通り会社に行って、仕事をこなして・・早めに家に帰りました。
と、いうことで・・(ハットリ風パクリ術?)

今日は建築士についてのお話を少し・・(豆知識?)


【建築士の資格】
1.建築士とは(建築士の定義)=詳細参照:建築士法第2条

<一級建築士>
国土交通大臣の免許を受け、設計、工事監理等の業務を行う者
<二級建築士>
都道府県知事の免許を受け、設計、工事監理等の業務を行う者
<木造建築士>
都道府県知事の免許を受け、木造の建築物に関し設計、工事監理等の業務を行う者

というように、建築士といっても3種類あります。
それぞれ試験があり、受験できる条件も異なります。
一級建築士の免許を取得できる一番の近道は、大学で建築系を専攻した人が
大学卒業後実務経験2年で受験できます。
ボクのように高卒者(建築科卒)は実務経験4年で二級建築士を受験でき、合格後二級建築士としての実務経験3年を経て一級建築士の受験資格が与えられます。
一級建築士は受験するまでにも長い道のりが必要です。
ボクはストレートで合格できましたが、それでも足掛け9年かかりました。
建築系でない高校を出た人は、実務経験4年のところが7年必要になります。

一級建築士は合格後に登録免許税を払わないと交付されません。
金額は6万円です・・
この6万円という金額は、医者や弁護士に並び現在の日本国では最高金額になります。
その割には建築士の社会的立場って低いんです。

さて、一級建築士と二級建築士・・どう違うのか?
簡単に言えば設計できる建物の規模が違います。
一級建築士はどんな大きな建築物を設計しても良いのですが、
二級は・・まあ、木造2階建の住宅程度しか設計できません。
詳しくは ⇒ こちら

一級建築士の試験って難しいんでしょ?
よく聞かれます。
難しいかどうかの基準は個人個人で違いますが、ボクの場合は半年間1日も飲みにも遊びにも行かずに勉強してました。
合格率で表すと解りやすいと思いますが、ボクの受験した平成13年は6.9%でした。
100人受けて7人の合格です。
年によって違いますが、平均すると概ね8~10%くらいだと思います。
そんなレベルの試験です。

じゃあ、試験の内容ってどんな試験なんだ??
一級、二級とも試験のやり方はほとんど一緒です。(中身は全然違うけど)
1次試験(学科)と2次試験(製図)があります。

1次については、「計画」「法規」「構造」「施工」の4科目の試験があり、それぞれ5択問題が25問づつ出されます。
25問×4科目=100点です。
まあ5択なんで鉛筆転がせば正解することもあります。(笑)
試験時間は前半2教科で3時間、後半3時間の計6時間です。

頑張って1次に合格すると2次試験が受けられます。
2次は製図です。
出された条件を全てクリアしたプランニングを行い、要求された全ての図面を時間内に描き上げなければいけません。
一級の場合は5時間30分という短い限られた時間で完成させなければいけません。
5時間30分・・皆さんは長いと思われるでしょうが・・
もの凄く短いです。あっという間です。
試験中は一度もトイレに行ったり休憩したりする時間もないどころか座ることさえありません・・立ちっぱなしでひたすら描きます。
汗だくになりながら・・
慌てない冷静な判断力と体力を試されてるような試験です。

この試験が終わると、もう抜け殻状態ですね・・

発表は毎年クリスマスの頃にあります。
試験は10月なんで2ヶ月間も待つのですが、不安だらけです。
合格者一覧に自分の名前があった時は、なんとも言えない感情が・・
喜びは喜びですが、開放感のような・・
意識してないと口が「にやぁ~」としてしまう・・
そんな感じでした。
今までの人生で一番嬉しかった日だったことは言うまでもありません。

(財)建築教育普及センター ⇒ こちら

受験生ガンガレ!超ガンガレ!!(2ch風)

こんなんで少しでも建築士を理解してくれたでしょうか?(豆知識でした)
なんかつい自分の裏の顔を出してしまいました。
表の顔は酔っ払って騒いでる方ですので・・・

スポンサーサイト

建築士さん

建築士さんって
「道」は険しくて厳しい長い「道」かも知れないけれど、とてもやりがいのあるお仕事だと思います!!
takachanが応援している
大切なお友達の建築士さんも
しばらく連絡とれていませんが
遠くで日々がんばっているようです(* ̄∇ ̄*)
それにしても…試験。。。難しすぎませんか?!

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://naoya708.blog5.fc2.com/tb.php/53-1824c0cb

建築士法建築士法(けんちくしほう、1950年|昭和25年5月24日法律第202号)とは建築物の設計、工事監理等を行う技術者の資格を定めて、その業務の適正をはかり、もつて建築物の質の向上に寄与させることを目的とする法律である。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;

 | HOME | 

プロフィール

708(naoya)

  • Author:708(naoya)
  • 708
    一級建築士@34歳

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。