708@いつも心は五月晴れ!!

一級建築士「708」34歳が何気ない日々を楽しく過ごすには・・

  708@いつも心は五月晴れ!!のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 建築士会での活動 > 在宅介護支援住宅 相談員  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在宅介護支援住宅 相談員

2005 - 06/20 [Mon] - 09:00

2005年6月20日(月)9:00~16:00

今日は朝から山形市役所で在宅介護支援住宅補助事業の住宅相談員として1日、市民の皆様や業者の皆様からの申請の受付業務を行いました。
なんだか久しぶりな感じです。
20050620_001.jpg

1日中いて申請件数は10件。
けっこう忙しかったです。

丸1日を市役所内で拘束されるのもやや苦痛です。

時にはよくわけのわからない方がいらっしゃったりもします。
そういう場合の対応などはソツなくこなせちゃうので問題ありません。

ずっと山形市役所にいるわけですから、市役所職員さんの仕事ぶりが見れる機会でもあります。
私が行ってるあたりの課は特に高齢者に対するケアを行う部署だからか?
来客に対する対応が非常に素晴らしいです。

こういう姿を見てると、ふと、上山市役所の対応と比較してしまします。
比較すると悲しい現実に直面します。
明らかにもの凄い差を感じます。

課のカウンター(?)に来られる市民の方に常に誰かが気を配ってます。
どこの課かわからなく戸惑っている人を見つけるとすぐ通路まで飛び出して優しく声をかけてくれます。
そして目的の課まで案内してくれて職員さんに大まかな内容を伝えてくれたりします。
こんなことは一銭のお金もかからず出来ることです。
ほんの些細な気配りですが、そこに大きな差が感じられます。

さて、私の地元ではどうでしょう・・・・
課のカウンターまで行っても誰もこちらを向きません。
勇気を振り絞って近くの人に声をかけます。
しぶしぶこちらを振り向きます。
その時の表情は「はあ?なにや?」みたいな顔が決まりです。
待ってる間はほったらかしにされます。
相談を持ちかけようものなら横柄な返答が帰ってきます。

現在、行財政改革を断行するべく様々な議論がなされています。
行財政改革で市民に料金の値上げを訴える前に、
お金がかからない改革もあるのではないでしょうか?

行財政改革とうたう以上、ビジョンなくして改革なし。
真の改革とは、まず心の改革から始まるものだと思います。
ただのお金のやりくりなら、財政再建ということだと思います。

そんなことを考えながら1日を山形市役所で過ごしました。

あっぷあっぷです。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://naoya708.blog5.fc2.com/tb.php/145-9f944207

 | HOME | 

プロフィール

708(naoya)

  • Author:708(naoya)
  • 708
    一級建築士@34歳

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。